お給料から引かれるお金があるってホント?

キャバクラ派遣で働く女の子は、その都度働くお店を選ぶことができます。
自由に選択できるんです。
だから、お店選びがとても大切で、これに失敗すると、それだけ稼げるお給料の額も減ってきてしまうので注意しないといけません。

時給額もお店ごとに異なるんですけど、それと同時にチェックしておきたいのが、お給料から引かれる代金の数々。
お給料から引かれるということは、手取りが減ってしまうということ

ペナルティとかはないんですけど、それ以外にも引かれるお金があるケースもあるので、少しでも手元にお金を残したいと考えているなら、ここは絶対に無視できないポイントになりますよ。

お給料から引かれてしまう可能性があるもの

主にこの3つ。
①ヘアメイク代
②衣装のレンタル代
③送迎代

ヘアメイク代は1,000円から1,500円かかってしまうことがあります。
衣装のレンタル代は500円から1,000円程度が相場でしょうか。
送迎代は距離によるんですけど、500円以上はかかるでしょうね。

これらが全部、その日に稼いだお給料から引かれて、残った分を受け取ることになるわけですけど、いくら時給額が高いキャバクラ嬢のお仕事とはいっても少しでも引かれてしまえばテンションは落ちてしまうはず。
「知らなかった…(泣)」
とならないよう、ここで頭に入れ直して、派遣キャバ嬢としてのスタートを切りましょう。

  できるだけ損をしないためのお店選びのポイント

説明した3つの代金や料金は必ずかかるわけではありません。
ここがポイント!

お店によっては無料でヘアメイクをしてくれたりドレスを貸してくれたりするところもあるんですね。
つまり、こうした代金がかからないお店を事前に選べば、働いた分のお給料をしっかりと受け取ることができて、手取り額を増やすことができるというわけです。

派遣会社によって、その会社の事務所でヘアアイロンなどをレンタルさせてくれるところもあります。
それを利用すると、自分でセットしなくちゃいけないんですけど、無料でOKなのでお得ですよ。

ドレスなんかも自前で用意すれば、もちろんレンタル料は一切かかりませんし、送迎を利用せずに終電に間に合うように帰ったり、徒歩で帰れるようなお店を選べば、送迎のためのお金を支払う必要はありません

キャバクラ派遣のお店の選び方 ・ドレスレンタルや送迎が無料になるお店を選ぶ
・給料から引かれる場合、引かれる金額を計算して、手取りができるだけ多くなるお店を選ぶ

派遣キャバ嬢は時給の金額だけチェックしてお店を選びがちなんですけど、それだけだと損をする可能性があることは知っておきたいですね。