バックがつかないのが派遣キャバ嬢のツラいところ

これだけ話題になって、たくさんの女の子がキャバクラ派遣を利用し始めているにもかかわらず、まだ「派遣のキャバ嬢はあんまり稼げない」という話が出回っていますよね。
全然そんなことはないんですけど、そのイメージがこびりついていて、なかなか簡単には取れてくれそうもありません。

そういうイメージがついてしまっている最大の理由は、やっぱり「バック」がつかないことじゃないでしょうか。

バックとは・・・?

お客様のあんな行動こんな注文によって、キャバクラ嬢にお給料が上乗せされるシステムのこと。


例えば、ドリンクバックと呼ばれるものは、お客様やキャバ嬢がドリンクを頼めば、そのドリンクのお値段に応じて女の子にお給料が入ってきます。
ボトルバックも同じ。

売り上げバックといえば、キャバ嬢が売り上げた全体の金額のうちの何%かが、お給料として入ってくることを指しているんです。

キャバクラ派遣の場合は、基本的にバックはつかないので、男性が自分のためにボトルを入れてくれても、「好きなもの飲んで」と言ってくれても、ボトルバックもドリンクバックも、そして売り上げバックもお給料に加算されることがありません。

このバックには指名バックというものもあるんですけど、派遣キャバ嬢だと仮に場内で指名されても、やっぱりバックなしが基本。
ここまでバックがつかなければ、「派遣は稼げない」と思われても仕方がないのかもしれませんね。

  バックがあるお店は争奪戦?でも選びましょう!

「バックがつかないなら、在籍キャバ嬢の方がいい!」という女の子もいることにはいます。

そういう声が出てきているからか、最近ではバックを導入するお店もちらほらと出てきました。
つまり、派遣の女の子にも人気や売り上げに応じでバックを提供することで、より質の高い女の子に働くことを選んでもらおうと考えるキャバクラ店が出てきているということです。

バックがあるお店を選ぶと、もちろん、バックがもらえるのでやる気が出ます。
やる気が出ると魅力も出てきて、さらにバックシステムの恩恵を受けることができるようになるでしょう。

もしバックがあるお店を選ぶことができれば、在籍キャバ嬢と肩を並べるくらい、いや、それを超えるくらいの収入も夢ではないかもしれません。
でも、派遣は基本的にバックはつかないと述べた通り、バックをつけてくれるお店はまだ少数派。

だから、争奪戦は必死!
そういうお店が派遣の依頼を出せば、すぐに女の子が予約を入れて空きが埋まってしまいます。
それでもやっぱりバックでお給料上乗せはとても魅力的なので、ぜひ積極的に選んでみましょう!

その争奪戦に勝った時には、なんとも言えない喜びも味わうことができますよ。