完全時給制がメリットでありデメリット

キャバクラ派遣で働くと、その女の子には、ほぼほぼ完全時給制が適用されます
これは、勤務するお店ごとに時給が最初に決められていて、女の子はそこで働いた時間分のお給料を受け取ることができるというシステムです。

完全時給制のメリット

それは、お客様に気に入られなくても、最初に決められた時給分は必ず受け取れるということ。

絶対にマイナスになることはないんですね。
普通のアルバイトと同じようなシステムだと思ってもらえればOK。

完全時給制のデメリット

それは、お客様に気に入られたとしても、基本的には時給以上のお給料は受け取れないということ。

マイナスにはならないけどプラスにもならない、これがデメリットです。
しかも、派遣キャバ嬢は勤務時間が短くなる可能性がある点も忘れてはいけません。

お店にとって大事なのは派遣キャバ嬢よりも在籍キャバ嬢ですよね。
自分のお店で雇用している女性なわけですから。

だから、例えば深夜になってお客さんの入りがなくなってきたりすると、派遣キャバ嬢は「もう帰っていいですよ」ってお店の人に言われて、早上がりさせられてしまうことも多々あるんです。
となると、勤務時間が短くなるわけですから、受け取れる給与も少なくなってしまうというわけ。

いくらキレイでカワイイ女の子でも、完全時給制だと働く時間が命。
それが削られてしまうとなれば、収入的にはちょっと痛手かもしれません。 

  できるだけ長く働いてたくさん稼ぐためには?

お店の都合で早上がりさせられてしまうのは、ある程度は仕方がないんですけど、あまりにも極端に短い時間しか働けないという事態を避けることはできるんです。
その方法は、保証時間が長い派遣会社やお店を選ぶこと

保証時間とは・・・?

保証時間というのは、「これだけの時間は最低でも勤務してもらいますよ」という時間のことです。
言い換えると、「この保証時間分のお給料は必ず支給しますよ」ということになりますね。

お店が暇でも、しっかりとお給料が受け取れる、これは派遣キャバ嬢にとって嬉しいことのはず!
でも、この保証時間は派遣会社やお店によって考え方がまちまちで、その長さもいろいろ。

だから、できるだけ保証時間の長い派遣会社を選ぶことと、お仕事を選ぶときにも働ける時間が長く設定されているお店を選ぶこと、ここが大切になってくるんです。
キャバクラ派遣はこうした工夫をしながら稼ぐお金を増やしていくのがポイント

自分でちゃんと注意しておかないと損をしてしまうかもしれませんよ?